テーマ:創元推理文庫

『そしてミランダを殺す』 井戸の中から

ミステリ『そしてミランダを殺す』THE KIND WORTH KILLING 2015年 アメリカ ピーター・スワンソン著 務台夏子訳 創元推理文庫 2018年2月23日初版 2019年8月14日(水)読了 (注意!)ネタバレあり 空港で出会った見知らぬ男女(男はテッド、女はリリー)は親しくなり会話していくうちに何故か殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『わらの女』 完全犯罪のための生贄 

小説(ミステリ)『わらの女』1954年 フランス カトリーヌ・アルレー著 橘明美訳 創元推理文庫 2019年7月31日初版 2019年8月13日(火)読了 (注意!)ネタバレあり 非常に有名で評価が高いミステリの古典だが、実は読むのは初めて。65年も前の作品だから結構古びているかと思いきや、今読んでもやっぱり面白い。凄くシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『怪奇礼賛』 のど斬り農場にようこそ

アンソロジー(怪奇小説)『怪奇礼賛』E・F・ベンスン/A・ブラックウッド他 中野善夫・吉村満美子編訳 創元推理文庫 2004年7月30日初版 2019年5月31日(金)読了 (注意!)ネタバレあり 19世紀末から20世紀前半にかけて発表されたイギリスの怪奇小説の中から短編22編を選んで収録したアンソロジー。22編中18編が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界推理短編傑作集 全5巻』 奇妙な味のスイーツ

アンソロジー(ミステリ)『世界推理短編傑作集 全5巻』江戸川乱歩編 創元推理文庫 新版・改題2018年7月13日初版(第1巻)~2019年4月26日初版(第5巻)初版 2019年(令和元年)5月3日(金)読了 伝説的であり、今もなお読み継がれているアンソロジーのリニューアル版。『世界短編傑作集』というタイトルで出ていたものを改題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『赤い舘の秘密』 クラブの階段は何段あるか?

探偵小説『赤い舘の秘密』THE RED HOUSE MYSTERY 1921年 イギリス A・A・ミルン著 山田順子訳 創元推理文庫 2019年3月22日初版 2019年4月21日(日)読了 (注意!)ネタバレあり 今から98年前に発表された古典的探偵小説。 何十年も前にこの創元推理文庫の旧訳を読んだが、読んだということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『技師は数字を愛しすぎた』

小説(ミステリ)『技師は数字を愛しすぎた』1958年 フランス ボワロ&ナルスジャック著 大久保和郎訳 創元推理文庫 1960年3月25日初版 新版2012年4月27日初版 2019年1月29日(火)読了 (注意!)ネタバレあり フランスのミステリ作家コンビであるボワロ&ナルスジャックの作品。 以前から非常に意味深なタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more