テーマ:ミステリ

「犯人に告ぐ」 犯人よ、今夜は震えて眠れ

小説(ミステリ)「犯人に告ぐ」2004年 雫井脩介著 双葉社 2004年7月30日第1刷発行 2010年2月23日(火)読了 読書時間230分 「犯人よ、今夜は震えて眠れ」(334ページ、帯より) 「連続児童殺人事件 姿見えぬ犯人に警察はテレビ局と手を組んだ。 史上初の、劇場型捜査が始まる!」(帯より) 面白い。久々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「告白」 復讐するは我にあり

小説「告白」2008年 湊かなえ著 双葉社 2008年8月10日第1刷発行 2009年2月12日第20刷発行 2010年1月3日(日)購入 BOOK・OFF梅島駅前店 価格105円 2010年1月3日(日)読了 読書時間110分 第29回小説推理新人賞受賞 週刊文春‘08年ミステリーベストテン第1位 2009年版このミステリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「殺意のシナリオ」

小説「殺意のシナリオ」THE LAST OF PHILIP BANTER 1947年 J.F.バーディン著 宮下嶺夫訳 小学館 2003年12月20日初版第一刷発行 2009年10月7日読了 「妄想か!? 現実か!? 平凡なサラリーマンのオフィスに置かれていたタイプ原稿には、彼の最近の行動と告白、そしてこらから起きる未来の出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダ・ヴィンチコード」 ミッキーマウスの腕時計を持つ男

小説「ダ・ヴィンチコード」(上・下巻)THE DA VINCI CODE 2003年 ダン・ブラウン著 越前敏弥訳 角川書店 2004年5月30日初版発行 2009年5月16日読了 読書時間330分 休日の午後、330分で一気読み。なかなか楽しめる娯楽作品だった。ただ大傑作とまでは呼べない、残念ながら。 まずメインアイデア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クロイドン発12時30分」

小説「クロイドン発12時30分」1934年 F・W・クロフツ著 加賀山卓朗訳 ハヤカワ文庫 2006年7月31日発行  2009年1月8日読了 「刑事コロンボ」「古畑任三郎」へと繋がる倒叙ミステリの大傑作!(帯より) ※「倒叙」とは、犯人からの視点で捜査側が事件の解決に迫りゆく過程をサスペンスたっぷりに描く形式である。(帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「容疑者Xの献身」

小説「容疑者Xの献身」2005年 東野圭吾著 文春文庫 2008年9月25日第6刷 2009年1月7日読了 ミステリの感想を書くのは、難しい。特にこの小説のような構造を持つミステリは、ストーリー・登場人物についても迂闊に触れられないし、ましてや「トリック」に関しては絶対に書けない。ただ非常に巧く引っ掛けられた、とだけ記しておきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒルダよ眠れ」 ヒルダのために泣く者はいない

ミステリ「ヒルダよ眠れ」1950年 アンドリュウ・ガーヴ著 宇佐川晶子訳 ハヤカワ文庫2008年9月15日発行 2008年10月1日読了 名高いミステリだが初めて読んだ。新訳と銘打って発行されたので、「この機会に読んでみるか。」と軽い気持ちで買って読んでみた。面白かった。名作とまでは呼べないが、楽しく読むことができた。 ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more