テーマ:アンソロジー

『怪奇礼賛』 のど斬り農場にようこそ

アンソロジー(怪奇小説)『怪奇礼賛』E・F・ベンスン/A・ブラックウッド他 中野善夫・吉村満美子編訳 創元推理文庫 2004年7月30日初版 2019年5月31日(金)読了 (注意!)ネタバレあり 19世紀末から20世紀前半にかけて発表されたイギリスの怪奇小説の中から短編22編を選んで収録したアンソロジー。22編中18編が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界推理短編傑作集 全5巻』 奇妙な味のスイーツ

アンソロジー(ミステリ)『世界推理短編傑作集 全5巻』江戸川乱歩編 創元推理文庫 新版・改題2018年7月13日初版(第1巻)~2019年4月26日初版(第5巻)初版 2019年(令和元年)5月3日(金)読了 伝説的であり、今もなお読み継がれているアンソロジーのリニューアル版。『世界短編傑作集』というタイトルで出ていたものを改題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界推理短編傑作集 第4巻』 

アンソロジー(ミステリ)『世界推理短編傑作集 第4巻』江戸川乱歩編 創元推理文庫 新版・改題2019年2月15日初版 2019年2月23日(土)読了 (注意!)ネタバレあり アンソロジーリニューアル版。短編全9編収録。 「オッターモール氏の手」(1929年)トマス・バーク シリアルキラーを描くサイコミステリの古典的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ』 時は乱れて、時既に遅し

SF(アンソロジー)『時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ』大森望編 ハヤカワ文庫 2010年9月25日発行 2019年2月11日(月)読了 (注意!)ネタバレあり 時間SF短編13編を収録したアンソロジー。表紙に、SFマガジン創刊50周年記念アンソロジーとある。 「彼らの生涯の最愛の時」イアン・ワト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『GENESIS 一万年の午後 創元日本SFアンソロジー』 王女様の休日

SF(アンソロジー)『GENESIS 一万年の午後 創元日本SFアンソロジー』堀晃ほか著 東京創元社 2018年12月21日初版 2019年2月10日(日)読了 (注意!)ネタバレあり 短編小説8編、エッセイ2編収録。 「草原のサンタ・ムエルテ」宮澤伊織 地球外生命体が宇宙を彷徨い辿り着いた地球で人間に憑依し、殺戮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『20世紀SF 第1巻 1940年代 星ねずみ』 ミッキーマウス、宇宙に行く

『20世紀SF 第1巻 1940年代 星ねずみ』中村融・山岸真編 河出文庫 2000年11月2日初版発行 2018年11月25日(日)読了 (注意!)ネタバレあり 1940年代から10年単位で傑作SF短編を収録したアンソロジー。最初の第1巻1940年代は、11編収録。 ま、傑作と言っても今、ぼくが読んでどれもこれも面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界推理短編傑作集 第2巻』 奇妙な味、その他の味

ミステリ(アンソロジー)『世界推理短編傑作集 第2巻』江戸川乱歩編 創元推理文庫 新版・改題2018年9月14日初版 2018年11月17日(土)読了 (注意!)ネタバレあり 20世紀初頭の20年くらいの期間に書かれた推理短編の中から傑作(と呼ばれる)9編を収録。いずれも面白く読む。ただ、やはり100年前後の時が経っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界推理短編傑作集1』 ロンドンで四番目に頭の切れる男

アンソロジー(ミステリ)『世界推理短編傑作集1』江戸川乱歩編 創元推理文庫 1960年7月24日初版 2015年5月15日80版 新版・改題2018年7月13日初版  2018年7月13日(金)購入 2018年7月15日(日)読了 (注意!)ネタバレあり 創元推理文庫の記念碑的アンソロジー『世界短編傑作集 全5巻』が、発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地球の静止する日』 未来は変えられるだろうか?

SF(アンソロジー)『地球の静止する日』ハリー・ベイツ他 南山宏・尾之上浩司訳 角川文庫 2008年11月25日初版発行 2017年5月27日(土)読了 (注意!)ネタバレあり テレビドラマ、映画などで映像化されたSF短編小説9編を収録したアンソロジー。なかなか充実の内容で非常に面白く読んだ。他では滅多に読めない作品もあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『伊藤典夫翻訳SF傑作選 ボロゴーヴはミムジイ』

SF(アンソロジー)『伊藤典夫翻訳SF傑作選 ボロゴーヴはミムジイ』ルイス・パジェット・他著 高橋良平編 伊藤典夫訳 ハヤカワ文庫SF 2016年11月15日発行 2017年1月22日(日)読了 (注意!)ネタバレあり 幻の名品を集めたSF入門書の決定版! 名翻訳家がSFマガジンに訳した160篇から厳選した7篇を収録。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『幸福の持参者』 訓練された人情

短編集(アンソロジー)『幸福の持参者』 (続き) (注意)ネタバレあり 「機関車に巣喰う」(1930年・昭和5年)龍胆寺 雄(りゅうたんじ ゆう) 私小説やプロレタリア文学が目立つに日本文学にあってこんなユニークな小説があったのか、と思わせる傑作。廃棄された機関車に住む少年と少女のカップルを実に感覚的に描いている。話の展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本文学100年の名作 第2巻幸福の持参者』 関東大震災のあとで起きたこと

短編集(アンソロジー)『日本文学100年の名作 第2巻1924-1933 幸福の持参者』池内紀・川本三郎・松田哲夫編 新潮文庫 2014年10月1日発行 2015年1月2日(金)読了 (注意!)ネタバレあり アンソロジー、15編収録。 「島守」(1924年・大正13年)中勘助 都会に嫌気がさし、辺鄙な土地に移り住ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本文学100年の名作 第1巻夢見る部屋』 象使いの妙な話

短編集(アンソロジー)『日本文学100年の名作 第1巻夢見る部屋』 (注意!)ネタバレあり。 (続き) 「ある職工の手記」(1919年・大正8年)宮地嘉六(みやちかろく) 実父や継母と折り合いが悪いために家出した13歳の私は、佐世保で職工になる夢を持っていた。そして知人の家に厄介になった私は念願の職工への道を歩むのであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本文学100年の名作 第1巻 夢見る部屋』 阿片中毒者の小さな王国

短編集(アンソロジー)『日本文学100年の名作 第1巻1914-1923 夢見る部屋』池内紀(おさむ) 川本三郎 松田哲夫編 新潮文庫 2014年9月1日発行 2015年1月1日(木)読了 (注意!)ネタバレあります。 新潮文庫100年記念出版 数々の名作を読んできた編者が選び抜いた100年の名作を全10巻で、 中短編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『影が行く』 原子力エネルギーを動力にした反重力装置

小説(アンソロジー)『ホラーSF傑作選 影が行く』P・K・ディック D・R・クーンツ他 中村融編訳 創元SF文庫 2000年8月25日初版 2014年11月1日(土)読了 ホラーSFのアンソロジー。短編13編収録。面白かったもの、面白くないけど注目すべきものについて感想を書いておく。 「消えた少女」(1953年)リチャード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「厭な物語」 読後感最悪。

小説(アンソロジー)「厭な物語」2013年 アガサ・クリスティー他著 中村妙子他訳 文春文庫 2013年2月10日第1刷 2013年2月8日(金)購入  2013年2月17日(日)読了 タイトル通りに「厭な物語」11編を収録したアンソロジー。編者の名前がどこにも見当たらないが、おそらく日本オリジナルのセレクションと思われる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シミュレーションズ」 ヘアースタイルは日本のコケシふう。

アンソロジー(SF)「シミュレーションズ ヴァーチャル・リアリティ海外SF短篇集」SIMULATIONS:15 TALES OF VIRTUAL REALITY 1993年 アメリカ ケアリー・ジェイコブスン編 浅倉久志・他訳 ジャストシステム 1995年8月10日初版第1刷発行 2011年5月19日(木)読了 サブタイトル通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「きょうも上天気」 SFファンへのささやかな贈物

SF(アンソロジー)「きょうも上天気 SF短編傑作選」2010年 浅倉久志訳 大森望編 角川文庫 2010年11月25日初版発行 2010年11月30日(火)購入 ブックファーストルミネ北千住店 定価660円 2010年12月4日(土)読了 今年(2010年)亡くなった翻訳家浅倉久志を追悼するために過去の翻訳作品から選りすぐっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界100物語4」 半人半猿の日本人

小説(アンソロジー)「世界100物語4 ロシアの光と影」TELLERS OF TALES 1939年 サマセット・モーム編 河出書房新社 1997年1月20日初版発行 2010年8月12日(木)購入 BOOK・OFFパサージオ西新井店 価格105円 2010年11月8日(月)読了 4巻目。16編収録。 この巻では、ロシアの作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「変身のロマン」 プシュウドモナス・デスモリチカ

小説(アンソロジー)「変身のロマン」1972年 澁澤龍彦編 立風書房 1972年9月5日第1刷発行 2010年7月26日(月)購入 BOOK・OFFパサージオ西新井店 価格105円 2010年10月10日(日)読了 澁澤龍彦編によるメタモルフォーシスを扱った小説・評論を集めたアンソロジー。小説13編、評論2編収録。 収録順に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界100物語3 巧みな語り」 戻っておいでよ、すぐに戻っておいでよね

アンソロジー「世界100物語3 巧みな語り」1939年 サマセット・モーム編 河出書房新社 1996年12月20日初版発行 2010年7月29日(木)購入 BOOK・OFFパサージオ西新井店 価格105円 2010年10月2日(土)読了 3巻目。16編収録。 「颱風」イギリス ジョゼフ・コンラッド つくづくジョゼフ・コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界100物語2 奇妙なこぼれ話」 このまちで、いちばん尊いものを二つ

アンソロジー「世界100物語2 奇妙なこぼれ話」1939年 サマセット・モーム編 河出書房新社 1996年11月20日初版発行  2010年7月18日(日)購入 BOOK・OFFパサージオ西新井店 価格105円 2010年9月29日(水)読了 2巻目。11編収録。 「オランプとアンリエッタ」フランス ヴィリエ・ド・リラダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界100物語1 おしゃべりな小説」 犬の名はウルフ

アンソロジー「世界100物語1 おしゃべりな小説」1939年 TELLERS OF TALES イギリス サマセット・モーム編 河出書房新社 1996年10月25日初版発行 2010年7月29日(木)購入 BOOK・OFFパサージオ西新井店 価格105円 2010年9月23日(木)読了 サマセット・モームが、19世紀前半から1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「冷たい方程式」 1950年代のSF

小説(アンソロジー)「冷たい方程式 SFマガジン・ベスト①」1980年 トム・ゴドウィン他著 伊藤典夫・浅倉久志編 ハヤカワ文庫SF 1980年2月29日発行 2001年2月15日14刷 2010年9月11日(土)購入 BOOK・OFFパサージオ西新井店 価格105円 2010年9月12日(日)読了 SF短編のアンソロジー。7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現代名作集(二) 日本文学全集64」 ひよつとしたら、俺は敷島はつせを恋して居るのかも知れない!

小説(アンソロジー)「現代名作集(二) 日本文学全集64」1977年 筑摩書房 1977年3月20日発行 2010年6月12日(土)購入 BOOK・OFFパサージオ西新井店 価格105円 2010年6月26日(土)読了 主に大正時代に発表された小説と戯曲あわせて24編を収録したアンソロジー。ちなみに誰がこの24編をセレクトした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「怪奇と幻想 第2巻 超自然と怪物」

アンソロジー(怪奇小説)「怪奇と幻想 第2巻 超自然と怪物」1975年 ブラム・ストーカー他著 矢野浩三郎編 角川文庫 1975年1120日初版発行 2010年4月18日(日)購入 高田書店(西新井・古本屋) 価格300円 2010年6月12日(土)読了 13編の短編小説と1編のノンフィクションを収録。 収録作品と作家名。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鼻のある男」 あの人たちの悪

怪奇小説(アンソロジー)「鼻のある男 イギリス女流作家怪奇小説選」1865年~1932年 イギリス ローダ・ブロートン他著 梅田正彦訳 鳥影社 2006年12月20日初版第1刷発行 2010年1月9日(土)読了 読書時間140分 8編収録。本当にイギリスの作家って怪奇小説が好きだな、と思う。特にゴーストストーリーには並々ならぬ関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幻想と怪奇 ポオ蒐集家」 しかし、誰もこなかった。

小説(アンソロジー)「幻想と怪奇 ポオ蒐集家」1975年 仁賀克雄・編 ハヤカワ文庫 2005年2月25日発行 2009年11月7日(土)読了 「本書は、1975年3月にハヤカワ文庫NVより刊行された「幻想と怪奇1」の新装版です。」(358ページ) 再読。確かオリジナルが出た当時に買って読んだ記憶があるので34年ぶりの再読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恐怖の愉しみ 下」 手を洗う少女

小説(アンソロジー)「恐怖の愉しみ 下」 デ・ラ・メア他著 平井呈一編訳 創元推理文庫 1985年5月31日初版 1992年3月6日5版  2009年9月3日読了 下巻。全十二編収録。 上巻と同様に幽霊小説が多数収録されている。それもほとんどがイギリスの作家の作品である。よくまあ手を変え品を変えて、幽霊にこだわるものだと思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恐怖の愉しみ 上」 髪を梳く女 

小説(アンソロジー)「恐怖の愉しみ 上」 レ・ファニュ他著 平井呈一訳 創元推理文庫 1985年5月3日初版 1993年2月12日9版 2009年8月18日読了 怪奇小説傑作集全5巻読み終わったが、これからも怪奇小説のアンソロジーをぼつぼつと読んでいくことにする。まずは、平井呈一編訳による「恐怖の愉しみ 上」から読んでみた。平井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more