『猫を棄てる』 村上春樹版ファミリーヒストリー

エッセイ『猫を棄てる 父親について語るとき』村上春樹著 文藝春秋 2020年4月25日第1刷発行 2020年7月29日(水)読了 (注意!)ネタバレあり 70歳を越えた村上春樹が、今まであまり語らなかった父親について書いた本。 NHKの番組ファミリーヒストリーの村上春樹版とでも言おうか。父親・村上千秋の人生のうち、特に学…
コメント:0

続きを読むread more

『一人称単数』 村上春樹の最高傑作「ヤクルト・スワローズ詩集」

『一人称単数』 (注意!)ネタバレあり つづき 「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」 これも「僕」の思い出話。年を取るということは、単に自分が老人になるということだけではなく、自分の周りの同世代の人たち、とくに若く美しく溌溂とした少女たちが孫を持つ年齢になってしまうということ。それは「僕」の抱…
コメント:0

続きを読むread more

『一人称単数』 カルト作家・村上春樹の神髄

小説(短篇集)『一人称単数』村上春樹著 文藝春秋 2020年7月20日第1刷発行 2020年7月28日(火)読了 (注意!)ネタバレあり 村上春樹6年ぶりの新作短篇集。8作品収録。 7月に出たばかりなのに、早くもベストセラーリストのトップになっている。さすが国民的作家・村上春樹である。だが、正直言って村上春樹がこんなにも…
コメント:0

続きを読むread more

『ペスト』 絶望に慣れることは絶望そのものよりもさらに悪い

小説『ペスト』1947年 フランス アルベール・カミュ著 宮崎嶺雄訳 新潮文庫 1969年10月30日発行 2020年3月30日87刷  2020年7月26日(日)読了 (注意!)ネタバレあり 今から73年前にフランスで出版された本が、今回の新型コロナウィルスの騒ぎでにわかに再注目され、51年前に出た新潮文庫の翻訳本が版を…
コメント:0

続きを読むread more

『絞首人』詩人の血

小説『絞首人』HANGSMAN 1951年 アメリカ シャーリイ・ジャクスン著 佐々田雅子訳 文遊社 2016年9月1日初版第1刷発行 2020年7月16日(木)読了 (注意!)ネタバレあり シャーリイ・ジャクスンの長編小説。この小説には、章や部で区切るということがない。つまり、第1章も第1部もなく、ただ文章が続いていくだ…
コメント:0

続きを読むread more

『インハンド』 「予言の書」ふたたび

マンガ『インハンド』朱戸アオ著 講談社 プロローグ第Ⅰ巻ネメシスの杖2019年2月22日第1刷発行 プロローグ第Ⅱ巻ガニュメデスの杯、他2019年2月22日第1刷発行 第1巻2019年3月22日第1刷発行 第2巻2019年9月19日第1刷発行 第3巻2020年3月23日第1刷発行 2020年7月5日(日)読了 (注意!)ネタバレ…
コメント:0

続きを読むread more

『潮が舞い子が舞い 第1巻~第3巻』 美人局(びじんきょく)とバニラの匂い

マンガ『潮が舞い子が舞い 第1巻~第3巻』阿部共実著 秋田書店 第1巻2019年9月15日初版発行 第2巻2020年1月15日初版発行 第3巻2020年5月15日初版発行  2020年7月4日(土)読了 (注意!)ネタバレあり 「青春群像コメディ!!」(帯より) 潮の匂いがする海辺の町にある高校の2年4組の生徒たちを…
コメント:0

続きを読むread more

『娘の友達 第1巻~第4巻』 女子高生にマーキングされた中年男

マンガ『娘の友達 第1巻~第4巻』萩原あさ美著 講談社 第1巻2019年8月8日第1刷発行 第2巻2019年11月13日第1刷発行 第3巻2020年2月12日第1刷発行 2020年5月13日第1刷発行 2020年7月3日(金)読了 (注意!)ネタバレあり 一年前に妻を亡くし、高校生の娘と二人暮らしの中年男・市川晃介(こうす…
コメント:0

続きを読むread more

『リウーを待ちながら 全3巻』 「予言の書」

マンガ『リウーを待ちながら 全3巻』朱戸アオ著 講談社 第1巻2017年6月23日第1刷発行 第2巻2017年10月23日第1刷発行 第3巻2018年3月23日第1刷発行 2020年7月2日(木)読了 (注意!)ネタバレあり 富士山の麓にある地方都市・横走市で起きた感染症はペストだった。感染の広がりを抑えるために封鎖される…
コメント:0

続きを読むread more

『回想の織田信長 フロイス「日本史」より』 神になろうとした男

歴史『回想の織田信長 フロイス「日本史」より』ルイス・フロイス著 松田毅一/川崎桃太編訳 中公文庫 2020年3月25日初版発行 2020年7月1日(水)読了 これは、16世紀の宣教師ルイス・フロイスが書いた膨大なる「日本史」の中から織田信長に関する文章を抜粋したものを集めて一冊の本にしたものである。フロイスはポルトガル人で布教…
コメント:0

続きを読むread more