『炎628』 僕の村は戦場になった

映画(ブルーレイ)『炎628』1985年 ソ連映画 監督・脚本:エレム・クリモフ 原作・脚本:アレシ・アダモヴィッチ 出演:アレクセイ・クラフチェンコ オリガ・ミローノワ リュボミラス・ラウツァヴィチュス ウラダス・バグドナス 上映時間143分 日本語字幕スーパー版
2020年5月6日(水)鑑賞

(注意!)ネタバレあり。

初見。凄惨極まりない戦争映画。傑作。
第2次世界大戦中、ドイツ軍に占領された白ロシア(現ベラルーシ共和国)の628の村で起きたドイツ軍による大虐殺。そのほんの一部を自分の身で体験し、自分の目で見た少年の物語。
少年フリョーラは、自分の棲む村の土から泥まみれのライフル銃を掘り出す。フリョーラはその銃を持ってパルチザンの一員になって敵と戦うべく、母や双子の妹を残して家を出る。フリョーラに待っていたのは過酷な戦争という地獄だった。

戦争を一少年兵の視点から見る、というと同じソ連のアンドレイ・タルコフスキー監督の『僕の村は戦場だった』(1962年)を思い起こす。単に少年という設定だけではなくいくつか共通点がある。この映画のエレム・クリモフ監督が影響を受けているのではないか。一番顕著なのはラスト前のシーンで突如実際の記録映像が挿入される下り。『僕の村は戦場だった』ではゲッベルス夫人が殺害した実子たちの遺体映像、この『炎628』ではヒトラーをとらえた記録映像である。わざわざここで入れてきたのはクリモフ監督のオマージュと見る。
ただ、『僕の村は戦場だった』は同じく戦争を扱っても如何にもタルコフスキーらしい芸術性が強く出て、映像はどこか幻想的でもあり、この映画のような強烈な描写はないし、畳みかけて来るクライマックスの盛り上がりというものにも欠ける。
この映画のクリモフ監督の映像も極めてクリアで見応えがある。その映像がタルコフスキーが内に向かっていくのに対し、クリモフは外に広げていくという違いはあるが。

前半は、フリョーラ少年が特に何をするわけでもなく敵との戦闘もあるわけではない。そのくせ、途中で美少女と仲良くなったりして、なんだか甘い作りだなあという感じではある。ただ、それは以降の衝撃的な展開を際立たせるためであって、そこからが大変。
少女とともに自分の村に立ち寄った少年は、そこで家族や近所の人たちが惨殺されていることを知る。もっとも少年は異常に舞い上がって興奮していたので、大量の死体を発見したのは少女の方だが。少年も気づかなかったわけではなく、むしろ最悪の事態に気づいたからこそはしゃいでいたのだろう。ここが残酷なまでに怖い。
生き残った男が少年に言う、「お前が銃を掘り出したのが原因だ」と。銃を持っているということは占領者側から見れば抵抗の意志ありと見たということか。

フリョーラは食料調達で別の村に行くがそこで彼は凄惨な虐殺を見る。自分の村の惨劇はすでに終わったあとで知ったし、画面もその虐殺は見せなかったがこちらはその一部始終を見せる。ドイツ軍が村の住民を集めて小屋に押し込め、そこに火を放ち、さらに銃弾の雨を浴びせる。このクライマックスはすさまじいの一言に尽きる。ドイツ軍の兵隊たちもよくあるように規律正しく冷酷に虐殺するというのとはちょっと違って笑いながら楽しみながらバカ騒ぎしながら村人たちを殺していく。相手は軍人ではないから戦闘ではなく、一方的にひねりつぶす大量虐殺。
中には、あまりの凄惨さに嘔吐する兵隊、涙を拭きながら銃を撃つ兵隊もいる。その辺もさりげなく描写するのが上手い。
フリョーラ少年は、最初から最後までその現場に居合わせ、全てを見たが、結局何をすることもできなかった。何もしない、何もできない主人公というのも珍しいが、この状況ではそれが当然か。いや、この修羅場を生き延びただけで主人公足りうるか。

そして、ラストシークエンスは、先ほどの虐殺を行ったドイツ軍の一部がパルチザンに捉えられる。ドイツ軍人たちは、「強制された」とか「自分は病弱で老人だから」とか「ドイツ人じゃない」とか言って命乞いする。なかには、「お前らは劣等民族だから抹殺されて当然」とか開き直る者もいる。その挙句、パルチザンによって皆殺しにされる。
悪は滅びた、という解放感はない。善も悪もない。炎628【Blu-ray】 [ アレクセイ・クラフチェンコ ] - 楽天ブックス
炎628【Blu-ray】 [ アレクセイ・クラフチェンコ ] - 楽天ブックス死は死を生み、殺し合いは果て無く続く。水たまりに落ちたヒトラーの肖像写真めがけて銃弾を浴びせ続けるフリョーラ。そして、再び次の戦いに向かうパルチザン。映画はそこで終わる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント