『細い線』 もしも人を殺したら

ミステリ『細い線〔新訳版〕』THE THIN LINE 1951年 イギリス エドワード・アタイヤ著 真崎義博訳 ハヤカワ文庫 2016年12月25日発行 2020年1月19日(日)読了 (注意!)ネタバレあり 妻と子もある中年男が不倫相手の女性を絞殺した。 この物語は、その直後から始まる。 犯人であるピーターが事件現…
コメント:0

続きを読むread more

『ミヤザキワールド 宮崎駿の闇と光』 救世主(メシア)から巫女(シャーマン)へ

評論『ミヤザキワールド 宮崎駿の闇と光』MIYAZAKIWORLD A LIFE IN ART 2018年 アメリカ スーザン・ネイピア著 仲達志訳 早川書房 2019年11月15日初版発行 2020年1月12日(日)読了 アメリカの大学教授による宮崎駿論である。『未来少年コナン』から『風立ちぬ』まで宮崎駿監督作品を発表順に取り…
コメント:0

続きを読むread more

『世界ベスト・ミステリー50選 上下巻』 いつか蝋人形になる日まで

『世界ベスト・ミステリー50選 上下巻』 つづき (注意!)ネタバレあり 「当て逃げ」シャーロック・アームストロング 男が自動車を走行中にほかの自動車と事故を起こし、その車は横転したが男はそのまま現場を逃げ去った。あとで新聞を読むと相手の自動車の運転手は女性で死亡したと分かった。男は、自分の自動車に目立った傷もないこ…
コメント:0

続きを読むread more

『世界ベスト・ミステリー50選 上下巻』 魂を穢してから浄化する

アンソロジー(ミステリ)『世界ベスト・ミステリー50選 上下巻』FIFTY BEST MYSTERIES 1991年 アメリカ EQMM-エリノア・サリヴァン編 小鷹信光=他訳 光文社文庫 1994年3月20日初版第1刷発行 2020年1月2日(木)読了 (注意!)ネタバレあり 2020年最初の読書。 1941年創刊のE…
コメント:0

続きを読むread more