『天気の子』 世界は変わってしまい、決して元には戻らない

映画(アニメ)『天気の子』2019年 日本 東宝 原作・脚本・絵コンテ・編集・監督:新海誠 キャラクター・デザイン:田中将賀 作画監督:田村篤 美術監督:滝口比呂志 音楽:RADWIMPS 声の出演:醍醐虎汰朗 森七菜 本田翼 小栗旬 吉柳咲良 平泉成 梶裕貴 倍賞千恵子 上映時間1時間54分 カラー 
2019年7月19日(金)公開
2019年7月20日(土)鑑賞 TOHOシネマズ西新井スクリーン5 18時50分の回 座席B-26

(警告!)ネタバレあり

大ヒット作『君の名は。』(2016年)から3年、新海誠監督の新作である。
非常に過激でパワフルな傑作になっている。

パンフレットに掲載されているインタビューを読むと、新海誠監督は結構批判などを気にするタイプのようだ。だが、気にして委縮するのではなく、むしろ前向きに対処していく姿勢がみられる。それは攻撃的とも思える。
 
『君の名は。』に怒った人が、もっと怒ってしまうような映画。それが今作の最初のイメージだったかもしれません(笑)
(パンフレットの新海誠監督インタビュー)

新海誠監督のどこかおとなしくて真面目そうな風貌とは裏腹に結構挑発的でもある。凄くタフな創作者という感じ。ま、それはそうだ。ほとんどの作業を一人で行った自主制作映画『ほしのこえ』(2002年)で商業デビューしたキャリアの持ち主だもの。並大抵の才能じゃないし、精神力も強靭である。
そんな新海誠が作り上げた新作は、『君の名は。』を意識して踏まえてはいるが、ある部分でそれを壊し、進化した作品になっている。

絵が綺麗、というのは新海誠作品に寄せられる定番の賛辞である。当然、『天気の子』もほれぼれするほど絵が綺麗だし、細かいところまで繊細に描かれている。と同時に汚れたところもキチンと表現されている。
前作の『君の名は。』で描かれた東京があまりに綺麗すぎる、と批判されたことへの回答なのか、『天気の子』の中の東京は決して綺麗なばかりじゃない。東京の中でも新宿というカオスな街を主な舞台にしたせいか、汚い路地裏、廃墟になったビル、うらぶれたホテル街と酷く雑多でお世辞にも綺麗と言えない景色が映し出される。でも、不思議なのは汚い街も魅力的に見せてしまう絵の力があること。

『君の名は。』と同じようにこれもボーイ・ミーツ・ガールの物語ではあるのだけど、前作ではちゃんとした家庭がある普通の少年と少女が主人公だったが、今作はだいぶ違う。少年・帆高は家出少年だし、少女・陽菜は親に死なれて弟・凪と二人で暮らしている。帆高は新宿の街で偶然、本物の拳銃を拾い、陽菜は悪い大人に風俗店で働くように誘われる。犯罪の世界に踏み込んでいく危うさが既にある。
ただ、帆高がどんな理由で家出したか、とか親はどんな人間かは全く描かれないし、陽菜と凪が暮らすようになったいきさつも詳しくは分からない。母の死は描かれるが。

監督へのインタビューによれば、『君の名は。』に対して「タイムスリップで過去の災害をなかったことにする許しがたい物語」という批判があったとのこと。厳密にいえば、「災害はなかったこと」にならず、糸守の町は壊滅している(ただし死者は出ていない)のでこういう批判は当たらないのだが、それに対して真面目に考えて新作を作り上げてしまうのには感心するばかりだ。
そして、今度は災害はなかったことにはならないし、復興はしないし、世界は姿を変えてしまう。ずいぶん思い切った展開だなあ、と驚く。東京は水没したままでそれでも人々はそれに順応して生活していくというラストの凄さ!

前作で発電所を爆破した主人公たちがどんな罰を受けたのか全く描かれないのが気になったのだが(ぼくも批判者か?)、今作では拳銃不法所持その他の犯罪を犯した帆高は保護観察3年という処罰を受ける。この辺もちゃんと拾っているんだな、監督は。
それ以外にも前作を意識したというか、同じような設定も目立つ。『君の名は。』のヒロイン・三葉は巫女だったけれど、『天気の子』のヒロイン・陽菜も巫女。天気を司る巫女。彼女が祈れば雨の日も晴れになる100%の晴れ女。
あの世とこの世、彼岸と此岸というのも共通して出て来る。ある場所がその二つの世界の入口。その場所はそれぞれ違うが。
『君の名は。』では三葉を救うこととその町の人々を救うことを一緒にできたが、『天気の子』で陽菜を救うことは東京を救うことにはならない。何もかもうまく修復するわけにいかないんだったら、世界よりも一人の少女を救う道を選ぶ。
新海誠の美学、ここに極まれり。
傑作である。新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド [ 新海 誠 ] - 楽天ブックス
新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド [ 新海 誠 ] - 楽天ブックス


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント