『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 スキャマンダーさん、これは夢じゃないな。

DVD(映画)『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 2016年 アメリカ映画 配給:ワーナーブラザース映画 監督:デイビッド・イエーツ 製作・脚本:J.K.ローリング 出演:エディ・レッドメイン キャサリン・ウォーターストン ダン・フォグラー アリソン・スドル エズラ・ミラー サマンサ・モートン ジョン・ボイト カーメン・イジョゴ コリン・ファレル ロン・パールマン ジョニー・デップ上映時間133分 日本語字幕スーパー版
2018年11月23日(金)鑑賞

(注意!)ネタバレあり

新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 が公開されたので観に行きたいのだが、その前に前作の復習をしておこうと前作を観てみた。2年前の日本公開時に映画館で観ているのだが、いかんせん大分忘れているのでDVDを買ってもう一度である。忘れていたせいか、初見の如く、これからどうなるんだろうという興味でグングン惹かれて観てしまった。

『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J.K.ローリングのオリジナル脚本。『ハリー・ポッター』の世界観を共有した話で、ホグワーツやダンブルドアなどのお馴染みの言葉も出て来る。時代は、ぐっと遡って1926年。場所はニューヨーク。主人公はイケメンだが、些か世慣れしない地味目の若き魔法動物学者にして魔法使いのニュート・スキャマンダー。エディ・レッドメインが好演している。とてもチャーミングでいい。『ハリー・ポッター』よりも主人公がオトナになった分、ストーリーもジュブナイルじゃなくなった感がある。
ニュートは、ヒーローらしからぬ感じ。魔法を使い、魔法動物も動かせるのだが、本人はマッチョでもないし、颯爽ともしていない。
そもそも今回のトラブルは、彼が所持していた魔法動物を逃がしてしまったことにある。不可抗力といえるが、それでも当然彼に責任がある。ニューヨークに放たれた何匹かの魔法動物探しがコミカルに描かれるのが面白みであるのは分かるが、主人公のミスの処理というのが観ていてどうもテンションが上がらない。カッコいいスーパーヒーローよりもドジなところもある主人公が仲間の助けを借りながら活躍するのを見せたかったというのは分かるのだが、ややストーリー展開がカッタルイのも事実。
魔法使いだらけのなかにコメディリリーフとして唯一人間の男ジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)を登場させたのも冒険だが、これはうまくいっていると思う。魔法が使われ、魔法動物がたくさん出て来ても、誰もそれを見て驚かないんではオハナシにならない。

コワルスキー「スキャマンダーさん、これは夢じゃないな」
スキャマンダー「その根拠は?」
コワルスキー「こんな世界、俺の頭じゃ思いつかない」

という会話にあるように、スキャマンダーのトランクの中に広がる世界が素晴らしい。魔法動物がすむ別世界、まさに映像でしか表現できない世界だ。

コミカルさもあるのだけど、次第にストーリーがダークになっていくのも面白い。魔法使いの子どもに寄生する奇怪な生き物「オブスキュラス」、そして悪い魔法使いグリンデルバルドの登場。両者ともストレートに出して来るのではない。10歳以下の子どもに憑りつくはずのオブスキュラスが実は・・・というオチが附くし、グリンデルバルドも別の人物に姿を変えている。この辺のミステリ的趣向が上手い。
ついでにいえば、人がオブスキュラスになるシーンって、何となく『魔法使いまどか☆マギカ』で魔法少女が●●になったシーンに似ている。
オブスキュラスに破壊されたニューヨークの上空を魔法動物サンダーバードが忘却の雨を降らしながら飛び、街は修復され、人々は全てを忘れるというクライマックスのシーンが美しい。当然ながら魔法使いではないコワルスキーの記憶もここで消えて行く。女性の魔法使いクイニー(アリソン・スドル)への思いもまた・・・。その叙情的シーンが実にいい。ここがあるので、その後の「再会」で泣ける。
ただ、気になったのは、殺された議員さん。魔法で街は修復でき、人々は全てを忘れ何もなかったとなっても、さて死人は甦ったのか。死ななかったことになるのか、そこが分からない。
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-04-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック