『アデル、ブルーは熱い色』 アデルの恋の物語

映画『アデル、ブルーは熱い色』2013年 フランス 監督・脚本:アブデラテイフ・ケンシュ 原作:ジュリー・マロ 出演:レア・セドゥ アデル・エグザルコプロス サリム・ケシゥシュ モナ・ヴァルラヴェン 上映時間179分 フランス語・日本語字幕スーパー 字幕:松岡葉子 配給:コムストック・グループ
2014年4月5日(土)日本公開
2014年4月5日(土)鑑賞 新宿バルト9 シアター3 11時の回 座席A-8(最前列中央部) 入場料(当日券)1800円 パンフレット720円

映画館の最前列の中央部の席に座って映画を見るのはとても気持ちがいい。恐らくこの世で最高の快楽に違いない。自分の前方にはただスクリーンだけしかなくそれを見ていることの幸福。そしてその映画が、この『アデル、ブルーは熱い色』のような傑作であればなお言うことがない。

女性の同性愛を描いた映画でしかも主演女優二人の全裸によるセックスシーンが見られる、何という素晴らしい映画だ、と小躍りして見に行った。179分という長尺だったが、飽きもせず全編とても楽しく見ることができた。お目当ての全裸セックスシーンも主演女優二人の女優魂が炸裂して実に美しく迫力があり生々しくて実にエロティックで清々しい見せ場になっていた。残念ながら勃起はしなかったが。
レア・セドゥ、アデル・エグザルコプロスの熱演に感激した。特にアデル・エグザルコプロスは顔といい体型といい、全く持って好みのタイプ。世が世なら日本の若い映画ファンにも絶大な人気を得るところなんだろうが、今はもうそういう時代じゃないから。フランスの女優ソフィー・マルソーが映画雑誌やグラビアを飾った時代はとうの昔、そういうミーハーファンは絶滅したと思しい。特に男がやけに理屈っぽくなってしまった。女性にはまだそういうミーハー気質が残っているのが救い。

映画を見終わった後、早速、原作マンガを購入して一読してビックリ。こんなに違うのか、と。原作が、とにかく色々なものを削ぎ落として削ぎ落として独特な境地に達しているのに比べ、映画の方はそれとは逆に色々なものを足して加えて過剰に膨れ上がらせている。よく言えば豊饒な作品だが、その分、原作の厳しさがなくなってしまった。原作が芸術なら映画の方は娯楽作品。どちらがいい悪いではなくタイプが違うということ。いずれも傑作であることは間違いない。

映画を見始めてまず感じるのは、クローズアップの多さ。引きの映像が少ない。とにかく人間の顔をクローズアップで捉えることに固執している。特に主演のアデル・エグザルコプロスの顔がこれでもかこれでもかとアップになる。童顔でいつも唇が半開きで視線が定まらない不安定さを感じさせるアップ。まるでカメラがアデル・エグザルコプロスに恋をしてしまったように思える。
いや~、それにしても、アデル・エゴザルコプロスって覚えにくい名前だ。

人間の顔をアップを大きなスクリーンで最前列で見ているとそれだけで人間に出会った、という気になる。そこがやはり二次元のマンガと違うところ。原作の登場人物の顔は押しなべて無表情か陰鬱な表情で描かれているのとは全く対照的に映画の方ははるかに感情豊かである。むしろ豊かすぎて過剰になりすぎるきらいすらある。その辺は良し悪しだ。

ちょっと都合で今日はこの辺で。続きは後で。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック