「ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝」 これでおしまい

小説「ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝」2001年 アメリカ アーシュラ・K.ル=グウィン著 清水真砂子訳 岩波書店ソフトカバー版 2006年5月10日第1刷発行 2006年6月26日第4刷発行
2014年1月20日(月)読了

別巻ということで外伝の短篇5篇とまえがきとアースシー解説を収録した巻。正直言って今までの巻で一番つまらない巻。一番ページ数が多い(542ページ)のにどうのも乗れないのでかなり退屈した。こういうのを喜ぶのは作者自身とマニアックな読者、「ゲド戦記」研究者くらいなものだろう。自らアースシー解説なる文章を書いているル=グウィンはかなり楽しそうで乗っているのは分かるがそれがこちらの気持ちを醒めさせる。こういう外伝だのスピンオフだのサイドストーリーに傑作なしということを改めて認識。
取りあえず6篇について簡単に。

「カワウソ」時代的には「ゲド戦記」が始まる300年ほど前の話。ロークの魔法学院が出てくるのが、本篇との唯一のつながり。
「ダークローズとダイヤモンド」ラブストーリー。本篇とのつながりなし。普通に読んでいてなかなかいい話と思える。魔法使いにならず旅の楽師になり女性と共に生きることを選んだ男の話。
「血の骨」ゲドの師匠であるオジオンも顔を出す作品。本篇中でも言及されていた魔法使いが地震を止めたという逸話を作品にしたもの。
「湿原で」まだ魔法を失っていない時代のゲドが登場。
「トンボ」Ⅳ巻とⅤ巻の橋渡しする作品。「アースシーの風」に出てくるアイリアンが登場する。

いずれの作品も単独の作品として面白いというレベルではない。あくまでも「ゲド戦記」との関連のあるなしを見つけて楽しむための作品。
ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝 (ソフトカバー版)
岩波書店
アーシュラ・K. ル=グウィン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝 (ソフトカバー版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック