「ファミリーヒストリー 市川猿之助」 江戸の二大悪所

テレビ(ドキュメンタリー)「ファミリーヒストリー 市川猿之助」制作:NHKエンタープライズ 制作・著作:NHK ディレクター:五十嵐久美子 語り:余貴美子 大江戸よし々
2012年11月5日(月)22時~22時50分放送・鑑賞 NHK総合テレビ

現在の四代目市川猿之助(元・市川亀治郎)から遡ること150年。江戸時代末期の初代市川猿之助から始まる歴史を紐解くと見えてくるのは歌舞伎役者である男たちを支えた女たちの姿であった。

歌舞伎の家の女たちというところに着目して取材・構成しているのが非常にユニークで面白かった。どうも四代目猿之助の要望でこういう形になったようだが、大成功と言える。
猿之助がこのドキュメンタリーを見て感想を述べるシーンがあるのだが、自分の一族の話なのに客観的な立場から見て面白がっている様子なのが印象的。感傷に溺れすぎない頭の良さを強く感じる。

「江戸の二大悪所」と呼ばれた吉原の遊郭と歌舞伎の結びつきという初っ端のところから興味津々で見た。そのあとの展開もいろいろな話が詰まっていて面白すぎる。というか、一度観ただけでは、一族の系図が複雑すぎて消化しきれない。

番組のクライマックスに登場する猿之助の大叔母にあたる貞子さんの個人史に圧倒される。こういう人の人生を垣間見せてくれるだけでもこの番組を見た甲斐があった。貞子さんは現在91歳でアメリカのヒューストンに住んでいるという。

今回は、泣かせる場面はなくてその代わりに貞子さんの逞しい生き方を見せることによってとても後味のいいものになっている。

次は、是非この一族の男たちの話が見てみたい。
祝! 四代目市川猿之助襲名記念 僕は、亀治郎でした。
集英社
四代目 市川 猿之助

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 祝! 四代目市川猿之助襲名記念 僕は、亀治郎でした。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック