「原発アイドル」 私はどちらでもいいんですけれどね エネルギー政策に興味ないんで

テレビ(ドキュメンタリー)「NONFIX 原発アイドル」語り:阿部芙蓉美(あべ ふゆみ) 構成:港岳彦 演出:小野さやか
2012年10月17日(水)26時10分~27時10分放送 フジテレビ
2012年10月27日(土)鑑賞

「原発アイドル」というタイトルはいささか誤解を招くのではないか。これだと原発推進派と見られかねない。正しくは、脱原発アイドル、もしくは反原発アイドルとするべきだろう。

制服向上委員会(SKi)というアイドルグループの一年間を追いかけたドキュメンタリー。
去年の原発事故後に「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」(詩:鈴之助 曲:AKIRASHON)を発表し一躍脚光を浴びたグループだが、結成から20年というから老舗グループと言っていい。以前から社会問題を取り上げた歌を歌ったりしていたが、今回の曲はタイムリーだしインパクトがあったので話題になったようだ。
このドキュメンタリーではこの曲を発表後に周囲の環境が変わり、グループのメンバーそれぞれが悩み葛藤するさまを描いていて非常に面白く観応えのあるものになっている。

番組内では、「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」は部分的にしか流れなかったのでネットで検索してフルコーラス聞いてみた。
割合可愛らしい曲調のアイドルソングで結構気持ちよく聞くことが出来た。歌詞はストレートな脱原発的フレーズが並ぶが、それが可愛い少女たちの声で歌われるとそんなに嫌味ではない。時事ネタをからませたコミックソングとしてはなかなかの傑作と言える。何となく1960年代末から1970年代初頭のかけての反戦フォーク、反体制フォークを思い起こさせて懐かしい。高田渡の「自衛隊に入ろう」とかね。
ちなみにその辺のフォークの歴史については、現在発売中の「週刊文春 2012年11月1日号」所載、阿川佐和子対談のゲストなぎら健壱の発言が参考になる。

制服向上委員会には仕掛け人がいる。プロデューサーの高橋廣行という人である。この「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」の作詞も手掛けている。この番組のインタビュアーが、
「脱原発ですか?」と尋ねると、高橋廣行は、

「私はどうでもいいんですけれどね。エネルギー政策に興味ないんで。しょうがないですよ、興味ないんだから。」

と言い放つ。十代の女の子たちに脱原発の歌を歌わせておいてなんといういい加減さ、無責任さ。
画面には、趣味だという競馬の新聞を傍らに置きながら作詞している姿が映し出される。このあまりにも見え見えの偽悪的自己演出。こりゃ、面白い人だなあ、と思ったのだが、ネット上の「ふぁぼったー」での彼の書き込みを見ると非常に真面目でいろいろと考えているちゃんとした人だったのでいささかガッカリ。そりゃそうだよなあ、本当にいい加減で無責任な人が20年の長きにわたってアイドルプロデュースなんかできやしない。
政治的スタンスはよくわからないが、多少なりとも商売になりそうなところに目をつける臭覚は立派である。

肝心の制服向上委員会のメンバーなのだが、この番組を初めて見たときは、
「どうして可愛い子やきれいな子、美人、美少女が一人もいないのだろう、これってアイドルって名乗っていいレベルじゃないだろう」
と思ったのだが、このブログを書くためにもう一度見直してみたら、なんと不思議なことにみんな可愛く見えてくるじゃないか。自己暗示なのか洗脳なのか。
リーダーで17歳の小川杏奈(おがわ あんな)は可愛いうえにトークもしっかりしていて好印象だし、在籍17年で32歳の会長橋本美香も幸薄そうな美人で心惹かれるし、福島から来た中学生の新人・鈴木蘭の初々しいにもほどがあるオドオドぶりもこちらの心を打つ。
「脱・原発の歌」がきっかけで脱退してしまった京本百加(きょうもと ももか)、活動休止した宮野愛沙(みやの あいさ)の姿も心に残る。
橋本美香以外はみんな十代の女の子なのにアイドルらしい恋の歌ではなく大人たちの思惑でこういう政治色の強い歌を歌わせられることへのそれぞれの対応が妥協、納得だったり、反発、拒否だったりする。普通のアイドルはこんなことで悩む事態は起きないと思うと、制服向上委員会のメンバーたちが気の毒になる。
でも、考えてみれば他の普通のアイドルだって大人たちの思惑で動かされていることには変わりないのだ。それを十分承知の上で笑顔を振りまけるからアイドルは素晴らしいと言えるのだけど。

この番組を二回も観てしまうと制服向上委員会のことが好きになり、応援したくなる。次はどういう展開があるのか、期待と不安を抱きながら見守っていきたい。
THE PROTESTER
アイドルジャパンレコード
2012-05-01
制服向上委員会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE PROTESTER の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル~制服向上委員会の生き残り戦略~
ヤマハミュージックメディア
橋本 美香

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル~制服向上委員会の生き残り戦略~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック