「情報の「目利き」になる!━メディア・リテラシーを高めるQ&A」

エッセイ「情報の「目利き」になる!━メディア・リテラシーを高めるQ&A」2002年 日垣隆(ひがき たかし)著 ちくま新書 2002年9月20日第1刷発行
2012年10月25日(木)読了

日垣隆の本を読むと元気が出る。というよりも日垣隆の元気がこちらにも伝染して元気になるといった方がいいか。いつも自信満々で前向きでユーモアのセンスがずれていても気にしない大らかさがあり、読んでいて楽しい。
この本も楽しく読んだ。10年前の本だから内容的にいささか古くなっているところも見受けられるが、そういうところを見つけるのも楽しみの一つだろう。例えばこんなくだり。

まず、「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)」という表記または読み方を、そろそろ日本のマスコミはやめた方ほうがいいと思います。(102ページ)

ああ、こんな時代もあったんだなあ、という隔世の感を抱かずにはいられない。今、およそこんな表記は見当たらなくなった。いつからだろう。それにしてもやるのもやめるのも横並びというのがいかにも日本的。

そのほかいろいろためになることも多く、読むと何だか自分も頭がよくなった様な気分になれる。特に速読術の具体的なやり方を記述したところは参考になった。これをやると、「210ページの本は70分で読める」と35ページにあるのでその通りにやってみた。たまたまこの本が210ページ強だったが、ざっと80分で全部読めた。まだまだ修行が足らないようだ。ちなみにこのブログはきっちり30分で書きました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック