「僕なら言うぞ!世紀末ニッポンの正しい眺め方、つきあい方」

エッセイ「僕なら言うぞ!世紀末ニッポンの正しい眺め方、つきあい方」1999年 吉本隆明著 青春出版社 1999年9月21日第1刷
2012年4月29日(日)読了

このあいだ読んだ「「ならずもの国家」異論」もそうだったが、晩年の吉本隆明は所謂「語り」形式の本をいくつも出版している。今回読んだのもそんな本の一冊で気楽に読める。
観念的な説教に陥らず、現実的で具体的な「言葉」で語られるので、すんなりと腑に落ちてくる。自らの就職経験やその後の物書きとしての仕事経験から見えてくるものを決して押しつけがましくなく読むものに教えてくれる。
吉本隆明は、すぐれた教師だったのだとあらためて思う。
僕なら言うぞ!―世紀末ニッポンの正しい眺め方、つきあい方
青春出版社
吉本 隆明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕なら言うぞ!―世紀末ニッポンの正しい眺め方、つきあい方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック