「数学女子学園 第2話」 時計の長針と短針が重なり合うとき

テレビドラマ「数学女子学園 第2話」脚本:山浦雅大 演出:河合勇人 出演:田中れいな 道重さゆみ 桜田通 矢島舞美 鞘師里保
2012年1月18日(水)24時59分~25時29分放送 日本テレビ
2012年1月19日(木)鑑賞

田中れいなをブレイクさせるためのドラマかと思ったが、どうもそれだけではなく彼女以外のハロプロアイドルも一緒にPRする目論見があるようだ。毎回、田中れいなとバトルする相手に違う女の子を当てて見せ場を作る、というのが至上命題になっているようで、当然ながらその子を魅力的に描くことになるが、そうなるとこれまた当然ながら田中れいなの影が薄くなるジレンマが発生する、という非常に難しい問題に直面してしまう。
特に今回は、相手が矢島舞美という超キュートな女の子であり、残念ながら美人度では田中れいなを凌駕しているし、さらに逮捕マニアの変人女子高生というキャラも面白く、変な動きや変顔まで披露する。すごーく可愛い。ファンになっちゃった。
まあ、ゲスト俳優に花を持たせる、というのは主役の大事な役目なのでこれはこれで良しというべきなのなのだろう。それにしても、鞘師里保は可愛い。

今回の数学バトルは、「現在、3時です。3時から4時までの間に時計の長針と短針がピッタリ重なり合うのは3時何分何秒か」、という問題。中学レベルの問題だそうだが、正直言ってこういうふうに考えて解くとは全く知らなかった。勉強になった。アイドルが可愛いな、だけのドラマではないということだ。
矢島舞美写真集『17』(DVD付)
ワニブックス
樂滿 直城

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 矢島舞美写真集『17』(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック