完璧な卵

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日常 日常の第一話」 最上川サイダーとくさやのジャムとホイコーロー

<<   作成日時 : 2012/01/08 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テレビアニメ「日常 日常の第一話」アニメーション制作:京都アニメーション 原作:あらゐけいいち シリーズ構成:花田十輝 キャラクター・デザイン&総作画監督:西屋太志 監督:石原立也 声の出演:古谷静佳 今野宏美 白石稔 本多真梨子 相沢舞 富樫美鈴
2012年1月7日(土)17時55分〜18時20分放送・鑑賞 NHK Eテレ

去年、ローカル局で放送された「日常」がどういうわけか、天下のNHK Eテレで「再編集版」として復活、放送されることとなった。こういうのは相当珍しいことではないか。NHKのアニメでは、例えば「未来少年コナン」がローカル局で放送された記憶があるが、その逆というのはとんと記憶にない。
もとの「日常」は全26話だったが、今回のNHK Eテレ版は全12話になっているそうだ。そもそも、「日常」はたくさんの短いエピソードからなる集合体だったので、それをいったん解体し、取捨選択するのは案外容易なことである。さて、ではどんな編集・構成になっているか大いに期待して観た。

これ、初めて観る人にはかなり不親切なアニメになっているな、というのが第一印象。東雲研究所のなの、はかせ、阪本さん(ネコ)の関係性がよく分からないし、ゆっこ、みお、麻衣の女子高生トリオも学校のシーンがないのでちょっと説明不足。去年、一度観た人しか楽しめなののではないか、といささか危惧した。
でも、一回観て録画したものをもう一回、さらにもう一回観ているうちにこれはこれでいいんではないか、と思えてきた。基本的にこのアニメは不条理アニメなのである。元版でも結局、はかせがなのを作った動機や経緯が明かされることはないのだから、まあ、この編集版もありかな、と思いなおした。というか、割と話がよくまとまっていてどうかすると元版より出来がいいのではないか。
あえて他のキャラを出さずに、東雲研究所の話、ゆっこ、みお、麻衣の三人の話の二つに絞っているのは頭のいいやり方だ。どうやら、なのも来週から高校に行く流れにしているのもむしろ原作に近づいたようだ。
ゆっこ、みお、麻衣が出て来る話をみんな食べ物がらみの話で構成したところも上手い。ジャム、ホイコーローに加えてキャンプの話というチョイスがいい。去年、私がこのブログで取り上げた「お前の血は何色だ」がもう一度聴けたのが何より嬉しい。
さて、来週はどの話がチョイスされているか、全く想像もつかないところが楽しみである。それにしても、この「再編集版」を編集したのは誰なんだろう。それが知りたい。
「日常」の合唱曲
ランティス
2011-10-05
佐咲紗花

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「日常」の合唱曲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日常 日常の第一話」 最上川サイダーとくさやのジャムとホイコーロー 完璧な卵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる