私が選んだ2011年テレビアニメ・ベストテン

私が選んだ2011年テレビアニメ・ベストテン
1「魔法少女まどか☆マギカ」
2「BLOOD-C」
3「電波女と青春男」
4「日常」
5「フリージング」
6「逆境無頼カイジ 破戒録篇」
7「ちはやふる」
8「これはゾンビですか」
9「僕は友達が少ない」
10「神様ドオルズ」

所謂深夜アニメと呼ばれるテレビアニメの中から2011年のベストテンを選び出してみた。
1位はもうこれしかないだろう。今年はこの超弩級の傑作に出会えたことをひたすら感謝したい。アニメの歴史を変えたと言っても過言ではない。
2位はトリッキーな作風と後半の怒濤の殺戮描写の容赦ないところが、えげつなく面白い。この1位、2位が揃って来年映画化されるというのも興味津々である。
3位は美少女達に囲まれる男一人というパターンの秀作。とりたてて大きな事件を起こさなくてもキャラに真実味があれば十分面白くなるという見本。
4位はタイトルに相違して非日常的ギャグに冴えを見せる作品。全部が全部面白いとは言えないが、女子高生3人組+ロボ女子高生なの絡みの話は押しなべて傑作が多かったと思う。
5位はとにかくおっぱいにこだわったその姿勢がいい。前半部のキャットファイトと後半部の敵との戦いがどうもうまくかみ合っていないのが残念だが、パワーで見せられてしまう。
6位はあのカイジをよくぞここまでアニメとして昇華できたと称賛したい作品。これぞプロの仕事。
7位の原作は読んだことがないが、ひたむきで前向きなヒロインの健全さに心洗われる思いで見た。
8位の八方破れな展開は実にユニークで楽しめた。途中、やや息切れしたのが残念。
9位に漂う「青春の哀しみ」には、とうの昔に青春を失った中年男でもついほろりと来る。
10位はこれからいよいよ本題に入るというところで終わった感じ。人物紹介と過去のいきさつの説明に終始したようで物足りないが、ヒロインのおっぱいの大きさに感激。

ベストキャラ賞は、「魔法少女まどか☆マギカ」のキュゥべえに。声優賞は当然ながらそのキュゥべえ役の加藤英美里に。そして、全ての作品のスタッフ、キャストに楽しませてくれてありがとう、と感謝の言葉を贈りたい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック