完璧な卵

アクセスカウンタ

zoom RSS 「11人もいる! 第1話」 おっぱいさわっていいよ

<<   作成日時 : 2011/10/22 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テレビドラマ「11人もいる! 第1話」脚本:宮藤官九郎 演出;片山修 出演:神木隆之介 光浦靖子 加藤清史郎 星野源 有村架純 金井美樹 皆川猿時 小松和重 野村麻純 広末涼子 田辺誠一 佐藤二朗 緋田康人 中村まこと
2011年10月21日(金)23時15分〜24時15分放送・鑑賞 テレビ朝日

宮藤官九郎待望の新作連続テレビドラマ、第1話。大家族を描くホームドラマだということを事前に知っていたので、大いなる期待と同じくらいの不安を抱えながらワクワクドキドキで観た。
期待については言うまでもないのだが、何故不安をいだいたのか。それは、宮藤官九郎が家族を描くと往々にして暗くシリアスになりがちだからである。このブログでも以前から触れては来たのだが、映画「なくもんか」や「東京メリケンサック」なんかがその典型的な例である。大いに笑おうとして映画館に行ったら、途中から家族の崩壊だの兄弟の確執だのといった辛気臭くてドーンと重い話を観せられて辟易してしまった。「笑い」の部分はそれなりに面白いだけにそのあまりのギャップにどう消化していいのか戸惑うばかりだった。

宮藤官九郎については自他共にコメディ作家ということになっているが、本質的には現役脚本家中で最も暗く陰鬱でこの上なくシリアスであると思う。何しろ映画監督としてのデビュー作にあの狂気と悪夢のマンガ「真夜中の弥次さん喜多さん」(しりあがり寿・作)を選ぶくらいだから。公開時、澁谷のシネマライズで観てそのあまりの暗さに驚いた記憶が生々しい。(2005年公開)

ただそういう暗い本質がありながらも同時に生来のサービス精神も溢れるほどあり、暗さを封印出来れば滅法楽しい作品に仕上がることもある。それは観てみなければ分からない。傑作か駄作か。どんな方向に話が進むのか。これほど「読めない」作家はあまりいない。期待と同時に不安にもなる所以である。

さて「11人もいる!」である。しりあがり寿に続き萩尾望都か、と一瞬思ったのだが、どうやら単にタイトルをもじっただけのようで「11人いる!」とは関係ないようだ。
こちらは夫婦と子ども8人の大家族の話で、そこに11人目として広末涼子演じる前妻の幽霊が絡む。彼女の姿が見えるのは末っ子の男の子才悟(加藤清史郎)だけという設定。初回は、この二人のやり取りのおかしさで楽しませてくれる。広末は生前はストリッパーだったということで何故か当時の衣装らしきものを着ていて妙にエロい。コミカルな演技もツボに嵌っていて楽しいが、往年のアイドル広末涼子を思えば隔世の感あり。(注1)
対する加藤清史郎もさすが天才子役(元?)で、「おっぱい」連呼も難なくこなす。広末に「おっぱいさわっていいよ」と言われて両手を揉み揉みするしぐさするあたりは笑い転げた。子役にはちと過酷かもしれないが、人間はみなこうやって大人になって行くのだ。
これまた子役出身の神木隆之介も好演。何だか彼を見るたびに成長していくので一年に一回くらいしか会わない親戚のおじさんの如き心境になる。前はただ可愛いだけだったのに男っぽくなったなあ、おじさんはそんな君が大好きだよ。
そんな神木君をゲイバーで働かせるという話の展開は何だか相当に意地が悪い。また彼がゲイバーによく似合うのだ。素質ありか。
田辺誠一のダメだけど憎めない父親もいい。茫洋とした物腰の柔らかさがいいのだ。

大家族のホームドラマというのはテレビドラマの初期からあったが(注2)、今作はそれに続く傑作になるかどうか。
幽霊を出したりする「暗さ」は相変わらずだが、全体的にブラックユーモアもそれほどきつめではなく、ほのぼの爽やかに楽しめそうではある。セリフが小ネタ満載で面白いのは宮藤官九郎なら当然のことだが、いい役者が多いのでより引き立つ感じになっている。第2話以降も期待。

(注1)アイドル時代の広末涼子をストーキングした堀越日出夫の名著「ストーカー日記」(1999年)には、「広末涼子は哺乳類の最終進化形態である」という記述がみられる。

(注2)私がリアルタイムで観ていたのでは「ただいま11人」(1964年〜1967年)が印象深い。年齢的に言うと7歳から10歳の時だ。おそらく一番最初に観たホームドラマではないか。
タイトルに「11人」が入っているので何か関係あるかな?宮藤官九郎は1970年生まれだからリアルタイムでは観ていないだろうが。「11人いる!」を読み返して、「ただいま11人」も観直してみるか。でも、現存しているかな。


11人いる! (小学館文庫)
小学館
萩尾 望都

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 11人いる! (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「11人もいる! 第1話」 おっぱいさわっていいよ 完璧な卵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる