「日常 日常の第8話」 神も仏もない

テレビアニメ「日常 日常の第8話」アニメーション制作:京都アニメーション 原作:あらゐけいいち 監督:石原立也 脚本:西岡麻衣子 絵コンテ・演出:武本康弘 作画監督:高橋博行  声の出演:本多真梨子 相沢舞 富樫美鈴 古谷静佳 今野宏美
2011年5月25日(水)25時30分~26時放送 TOKYO MXテレビ
2011年5月26日(木)鑑賞

いつのまにか毎週の放送が非常に楽しみになってしまった。もちろん、全部が面白いっていうわけじゃない。こういうショートコント集というのは、作り手のセンスに観る側のセンスがいかに合うかがポイントであり、センスが合わないものはやはりどうしてもあり、当然ながらそれらはつまらない。今回の「日常」でいえば、囲碁サッカー部や東雲研究所の話なんかはもっと面白くなりそうなのだが、いまひとつの出来なのである。
一方、女子校生三人組の話は今回も非常に面白かった。今回は、いつもよりも不条理度が高めでオチもスッキリしないところがとても良い。

朝の通学路でゆっこ(声:本多真梨子)が、みおちゃん(声:相沢舞)と麻衣ちゃん(声:富樫美鈴)に挨拶していつものようにダジャレを言うと、なぜか二人ともノーリアクション。加えて能面のような無表情。あせったゆっこは次々にダジャレを繰り出すが、そのことごとくがスルーされ、やがて、三人が列車に乗ってどことも知れぬ土地を旅している姿が映し出される。相変わらず、みおちゃんと麻衣ちゃんは能面だし、ゆっこは両手で顔を覆ったままで三人に何が起きているのかは分からない。おしまい。

停止したエレベーターに閉じ込められた(らしい)ゆっこ(声:本多真梨子)、みおちゃん(声:相沢舞)、麻衣ちゃん(声:富樫美鈴)の三人が極限まで追い詰められた姿が描かれる。ゆっことみおちゃんにとっては、「なすび」という言葉がどうやらツボらしい。ちなみに麻衣ちゃんは、「金縛り中」だそうである。おしまい。

来週も本当に楽しみ。おしまい。
日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray]
角川書店
2011-07-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック