「逆境無頼カイジ 破戒録篇 第1話 地の獄」 その考え方がダメ

テレビアニメ「逆境無頼カイジ 破戒録篇 第1話 地の獄」原作:福本伸行 脚本:高屋敷英雄 演出・絵コンテ:佐藤雄三 作画監督:高田晴仁 梅原隆弘 声の出演:萩原聖人 チョー 内田直哉 立木文彦(ナレーション) 久保ユリカ(実写=ミスSHINGEN2011)
2011年4月5日(火)25時29分~25時59分放送 日本テレビ系
2011年4月6日(水)鑑賞

2011年4月期新アニメ。
「逆境無頼カイジ」第2シーズン。

圧倒的面白さ・・・。
原作マンガに忠実でいて、また一味違った面白さも醸し出している。
第1話はとにかく立木文彦のナレーションが異常に可笑しくてただひたすら笑い転げた。なんというテンションの高さだろう。どうしてこんなに魂を揺さぶるのだろう。
「貧しい食事」とか「一日外出券」という何の変哲もない普通の言葉が、立木文彦の口から発せられるとなぜ死ぬほど可笑しいのだろう。「カイジ、豪遊」「カイジ、反省」「カイジ、猛省」と言う三連発に続き、「ついに来たトホホな状況」と落とすあたりも笑った。「カイジ」がこんなに笑えるとは思ってもいなかった。
でも考えてみると福本伸行の原作からしてどこかヘンテコなところが多い。限りなく悲惨な状況を描いていてもなんか突き抜けた可笑しさがある。度々出て来る人生訓じみた言葉もそうだし、大げさな表現も目立つ。それでいてあまり泥臭くない。人情物っぽくウエットにならない。他人には真似できない唯一無二の存在と言う気がする。

このアニメはその原作に果敢に挑んでいると思う。その結果、笑えてしまうのは不思議だが、それもありだろう。
カイジ役の萩原聖人、大槻役のチョー、共に好演。次回も楽しみ。





逆境無頼カイジ Death or Survival
コンパイルハート

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 逆境無頼カイジ Death or Survival の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック