「相棒 Season9 第13話 通報者」 必要のないもの

テレビドラマ「相棒 Season9 第13話 通報者」脚本:太田愛 監督:近藤俊明 出演:水谷豊 及川光博 川原和久 山西惇 六角精児 溝口琢矢
2011年1月26日(水)21時~54分放映・鑑賞 テレビ朝日系

「相棒」としては珍しくも後味のいい話。生活保護家庭、子ども、病弱の母、といういかにも深刻そうな組み合わせでありながら、ラストに希望を持たせる締めくくりがなかなか鮮やかだ。
中学生の少年役の溝口琢矢は、そんなに演技が上手いというわけでもないが、それがかえって好印象で、一途な気持ちを抱く少年役に似あっている。

メインの殺人事件の方は割に平凡な展開なのだが、もう一つの犯罪の方はまったく予期していなかったので意表を突かれた。よく考えられていてミステリ的にも面白い。
何故、少年は前のようにいじめに対して抵抗しなくなったのか。
鬱病になり寝たきりの母親に心配かけないため、と思いきや実は・・・。
これには感心した。上手い。

過度の泣かせを避けたのも良かった。やっぱり兄妹は施設へという厳しい現実もきちんと描かれているのもいい。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック