「ガリバーの大冒険」  シェリー・アルバローニの長い髪

DVD(映画)「ガリバーの大冒険」THE THREE WORLDS OF GULLIVER イギリス・アメリカ 原作:ジョナサン・スウィフト 製作:チャールズ・H・シニア 特撮:レイ・ハリーハウゼン 監督・脚本:ジャック・シャー 音楽:バーナード・ハーマン 出演:カーウィン・マシューズ ジョー・モロー ジューン・ソーバン バジル・シドニー シェリー・アルバローニ 上映時間99分
DVD発売:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 日本語字幕版 2010年2月6日(土)購入 ヨドバシカメラAKIBA店 価格1000円
2010年2月8日(月)鑑賞

初見。日本劇場未公開作品。スウィフトの「ガリバー旅行記」よりリリパット(小人の国)とブロブディングナグ(巨人の国)の二つの国のエピソードを取り上げて映画にしている。原題でTHREE WORLDSとあるのはこの二国にイギリスを加えたものである。ちなみにDVDのパッケージではTHREEだが、映画の中に出るタイトルでは3と表記されている。

まず前半はリリパットのエピソード。航行中の船から海に転落したガリバー(カーウィン・マシューズ)が漂着したのは、小人たちの住むリリパット王国であった。王国は他国との戦争の最中であり、ガリバーはリリパットに味方して見事に勝利を収める。一躍、英雄となるガリバーだったが、やがて疎んぜられ命の危険にもさらされ、再び海へと逃げて行った。
話自体もつまらないし、せっかくのハリーハウゼンの特撮もあまり見せ場がない。ミニチュアワークや合成くらいしかやることがないのである。やはり何かクリーチャーが出てこないことには面白くない。全体的にゆるいコメディタッチでのんびりしすぎているので非常にかったるくて観ているのが辛いほどだった。

後半はブロブティングナグのエピソード。ガリバーが漂着したのは巨人たちの住む王国であった。浜辺で巨大な少女グラムタルタッチ(シェリー・アルバローニ)に助けられたガリバーは王宮に連れて行かれ、そこで行き別れになっていた恋人エリザベス(ジューン・ソーバン)と再会する。巨人たちにペットのように可愛がられて生活する二人だったが、やがて不信感を抱かれ命の危険にもさらされる。グラムタルタッチの助けで王宮を脱出した二人は再び海へと逃げて行った。
このエピソードは面白かった。前半とは打って変わって少しグロテスクでダークな世界が繰り広がられる。前半が子供向きとすれば後半は大人向きである。こちらの方がハリーハウゼンも腕の振るい甲斐がある。ガリバーがリスに襲われたり、ワニと戦わされたりするシーンは異様な怖さだ。また、穴に落ちたガリバーを助けるためにグラムタルタッチが三つ編みのおさげ髪を穴に降ろし、それにガリバーがつかまって外に出るというシーンもいい。なんだか、エロティック。巨大少女と小さな男という組み合わせ自体、なんとなくこちらのマゾヒズムを刺激するものがある。沼正三氏の見解が聞きたかった。

ともあれ前半のつまらなさもこの後半のおかげで帳消しになり、まずまず楽しめる作品であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック