完璧な卵

アクセスカウンタ

zoom RSS 『賭ケグルイ 第7巻』 誰が本性を見せるのが最も早いか 試してみましょう

<<   作成日時 : 2017/07/08 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マンガ『賭ケグルイ 第7巻』原作:河本ほむら 作画:尚村透 スクウェア・エニックス 2017年6月22日初版発行
2017年7月4日(火)読了

(注意!)ネタバレあり

先月22日に発売されたばかりの最新刊。
第6巻のラストで百花王学園生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)が、現在の生徒会を解体し、新たに生徒会長選挙を行うと宣言したことによって新しい展開が始まる。今まで6巻かけてヒロイン・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)と生徒会役員とのギャンブル勝負を描いてきたのに、ここで一気にご破算にする思い切りの良さ。そこがいい。
そして新たに登場してきたのは、本家当主・桃喰綺羅莉率いる「百喰(ももばみ)一族」の分家の代表者たち。彼らが、大挙して百花王学園に編入してきた。生徒会長の座に就き、さらには百喰一族の長になるために。
これで今までの生徒会役員が一気に影が薄くなる。生徒会長ともうひとり生志麻妄(いきしまみだり)を例外として。
こうなって来ると、新キャラにより個性的な人間を持ってこなければいけなくなるし、ギャンブルもよりユニークで刺激的なものでないと見劣りしてしまう。バトルものの宿命というか、先に出てきた奴よりも次に出てきた奴がどんどん強くなければならないという「強い奴のインフレ」状態になって来る。

取りあえずこの第7巻では、「指切りギロチン」勝負というなかなかシンプルで分かりやすく刺激的なものが登場して来る。この指切りというのも福本伸行『カイジ』の影響大だなあ。カイジの場合は、勝負に負けた代償で片手の指5本全部切断されるのだったが。ともあれ、ロアルド・ダールの『南から来た男』の昔から指切断ゲームというのはスリルとサスペンスの代名詞みたいなものだ。
この作品でもかなり盛り上がって面白い。ヒロイン・蛇喰夢子と新キャラの蟲喰恵利美(むしばみえりみ)の怠慢勝負に割り込んで三つ巴の戦いになる生志麻妄のクレイジーなキャラ設定が面白さを倍増させる。やや新キャラを喰ってしまう感さえある。オハナシだけではなく、漫画としても美少女たちの極めて誇張されたオーバーアクションや歪みまくりの顔の描写で楽しませてくれる。時として、「えっ、これヒロインの顔なの?別人じゃん」と思ってしまうのもアリ。こういうハッタリの効いた作品、大好き。
次巻が早くも楽しみ。
賭ケグルイ 7巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス
2017-06-22
河本ほむら

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 賭ケグルイ 7巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『賭ケグルイ 第7巻』 誰が本性を見せるのが最も早いか 試してみましょう 完璧な卵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる