完璧な卵

アクセスカウンタ

zoom RSS 『やすらぎの郷 第1週(第1話〜第5話)』 こりゃまた失礼いたしました、と

<<   作成日時 : 2017/04/09 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドラマ『やすらぎの郷 第1週(第1話〜第5話)』脚本:倉本聰 演出:藤田明二 出演:石坂浩二 浅丘ルリ子 加賀まりこ 八千草薫 野際陽子 五月みどり 有馬稲子 風吹ジュン 常盤貴子 小松政夫 近藤正臣 草刈民代 名高達男 松岡茉優 ミッキー・カーチス 山本圭 藤木孝 
2017年4月3日(月)〜7日(金)放送 テレビ朝日

(注意!)ネタバレあり

倉本聰脚本の新作ドラマ。CMを除けば、1話あたり正味15分の帯ドラマ。全130話を4カ月で書き上げたとのこと。倉本聰82歳にしてまだそんなバイタリティーがあることに驚く。
そして、実際に放送が始まったドラマを第5話まで見てみると、さまざまな仕掛け、遊びがあって実に面白い作品になっている。

長年に亘り、テレビに対して貢献のあった者だけが入居できる老人ホームがある、という噂をテレビ関係者は耳にしていたが、それは夢のような作り話とみんな思っていた、だが、脚本家・菊村栄(石坂浩二)のもとに、現実にその老人ホーム「やすらぎの郷」から、入居の誘いがあり、彼は半信半疑ながらその誘いに乗ることにした。
そして、彼が「やすらぎの郷」に入居してみると、そこにはかつて一緒に働いた女優や男優、歌手など友人知人が既にいて彼を出迎えてくれたのだ。ここはユートピアか。もしくは死後の世界か。

話は、菊村栄の視点で進むのだが、そもそもこの菊村栄という名前を聞いて、まず思い出すのは菊谷栄だろう。榎本健一(エノケン)の座付き作家でエノケンが最も頼りにしていたと言われるが、戦時中に出征して戦死した人物。だから、テレビに関するこのドラマとは何の関係もない。そこを敢えて、名前をもじって主人公の名前にしたのは、もし、菊谷栄が戦後も生きてたらテレビで活躍していただろうなあ、という倉本聰の思いからだろうか。
ちなみにぼくが菊谷栄を印象に残したのは、彼をモデルにしたドラマを昔、NHKで見たからだ。菊谷栄役は坂本九だったと記憶する。召集令状が届いたときの泣き笑いの表情が忘れられない。

そういうところから始まって、芸能界・テレビ界のあれやこれやを虚実織り交ぜて、面白く見せて行く。一時はもてはやされたのに最後は孤独死した女優とか、見ている者にすぐわかるように描いている。
そもそも、主人公を演じる石坂浩二の実生活での元妻・浅丘ルリ子、元恋人・加賀まりこを共演させている大胆さも凄い。
芸能界のドンと呼ばれ、権勢を誇った謎の男・加納英吉にもおそらくモデルがいるんだろう。生死不明のこの人物が自費で作り上げたのが「やすらぎの郷」らしいということで、この人物の存在が今後のドラマにどう関わってくるか楽しみ。

見ている者はどうしても主人公の脚本家・菊村栄=倉本聰と思い勝ちになるが、その辺も倉本聰の狙いかも知れない。石坂浩二が演じるので知的で穏やかに見えるが、時として頑固で偏屈な面を露骨に表す。息子に喫煙を注意されると激昂するあたり、特に。まだ、枯れていない、達観していない老人という感じが良く出ている。
亡くなった妻の遺品である着物を嫁にやらず、自宅庭で火をつけて燃やしてしまう。そこで、隣家の人だろうか、声がかかる。
「菊村さん、焚火は禁止されていますよ」
と。声だけで、相手の姿は見えず。ここは、「世間様」という見えない存在を際立たせた名シーンであると思う。怖い。
ちなみに、いしかわじゅん氏のツイートに依れば、ドラマの中の菊村栄の自宅は、倉本聰の自宅だということだ。

やすらぎの郷に着いた初日に菊村栄は、昔馴染みの女優たち6人に再会する。その6人を、浅丘ルリ子、加賀まりこ、八千草薫、野際陽子、有馬稲子、五月みどりが演じるというのだからこの上なく豪華。しかも、ここでの初対面が6人が葬儀の帰りで全員喪服姿なのが何とも美しいというか不気味というか、女性も喪服姿がエロいのも50歳代くらいまでだなあ。ここで残酷なのは、一人一人の年老いた姿を見せ、そこに本人たちの過去の若く美しい姿の写真をインサートすること。この驚くべきギャップ。このシーンはドラマ史に残るだろう。

第5話のラスト近くで、元歌手だったという設定で有馬稲子に「ゴンドラの唄」を歌わせるのも面白い。「ゴンドラの唄」といえば、「命短し恋せよ乙女」というあれ。当然ながら黒澤明の『生きる』での極めて印象的な使われ方を思い出す。それを敢えて、ここでやるかねえ。見ている者は、「ああ、倉本聰は『生きる』をやりたいのね」と納得しかけるが、それも倉本聰の仕掛けた罠なのかもしれない。

やすらぎの郷(上) 第1話~第45話
双葉社
倉本 聰

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やすらぎの郷(上) 第1話~第45話 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『やすらぎの郷 第1週(第1話〜第5話)』 こりゃまた失礼いたしました、と 完璧な卵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる